ワキガの臭いを自分で消す方法

MENU

わきがの臭いが服に付いたら消すのは難しく、制汗スプレーはお薦めしません

私は小学校の低学年のころから、脇の臭いや、汗、汗の黄ばんだシミ
悩み、男の子から馬鹿にされる事もしばしばありました。

 

学校に行く前に、シャワーを浴びて、休み時間の度にワキを拭いたり、
制汗スプレーを使うのですが、

 

すぐに汗をかいてしまうし、臭っているところに、スプレーを使う事で、
汗とスプレーの混ざった臭いがしてしまい、逆に周りに気付かれてしまう
ような状態がずっと続いていました。

 

 

私のワキガ対策 臭いを消す方法

 

わきがの他の対策としては、
ワキが少しでも汗をかいたら直ぐに拭いて、清潔な状態にしておくことは勿論、
一般的な制汗スプレーは全部買いました。

 

アルコールやお酢を付けると良いと親に言われて実践したことも
ありましたが、一時は良くとも、臭いが消える事はなく、
親からは”遺伝だから改善するのは難しいかも”
と言われ諦められてしまいました。

 

大学生になるまで、いつもわきがの臭いを気にしながら生活してきました。
男の子だけでは無く、女の子の友達とも近い距離で話すのが
怖くなり、学校に行くのが憂鬱でした。

 

 

そんな時、大学生の同級生がわきがの臭いを治療する手術を
受けたと聞いたので、私も同じクリニックに行きました。

 

未成年だと親の承諾が必要との事だったので、20歳になるまで我慢しました。

 

皮膚や汗腺を切り取る方法が多汗症やワキガには効果が高いと薦め
られましたが、口コミや評判を見ると、失敗もあったりで怖かったので、
ボトックス注射を行いました。

 

 

 

皆、痛く無いって言うんですが、私が痛かったです(-_-;)

 

 

この治療を受ける前から、ボトックス注射の場合、
ワキガに効果がある期間は1〜2年との事でしたが、私の場合は
半年もしない内に、まったく元通りの状態に戻ってしまいました。

 

ワキガの臭いを消すには、汗の量を減らす事が大事という事で、
クリニックでは、
あとは、汗腺を取り除く手術か、ミラドライという、汗腺を壊していく方法
しかありませんと言われました。

 

手術を受けた人の口コミでは、痛みであったり、効果などがまちまちなので、
結局怖いのと、費用の事を考えると、手術は出来ませんでした。

 

たかが、ワキの手術と思うかもしれませんが、かなり怖いし、
実施、痛かったとか、手術痕が残ったという話があるので私には無理でした。

 

こんな感じみたいですよ ↓

 

ワキガ臭い治療怖い

 

 

私が最終的にたどり着いた制汗剤 ノアンデ

 

そんな私が、現在、重宝しているのが”ノンアデ” という制汗クリームです。

 

テレビで女優さんが使っていると宣伝があり、ネットで調べたところ
臭いが消えなかったら(効果が無かったら)、

 

全額返金保証というキャンペーンをやっていたので、

 

申込みをしました。

 

ノアンデ梱包状態

 

 

 

少量を塗るだけで良く、汗の量が随分減ったのと、臭いは夜になるまで気になりません。

 

ノアンデ少量

 

こんな商品が昔からあれば良かったのにと、思うぐらい効果抜群です。

 

制汗スプレーに関しては、色々な物を使い、もう専門家の様になっていると自負
していますが、

 

デオドラントスプレーと違って、芳香の臭いでごまかすのではなく、臭いの元自体を
取り除く感じなので、制汗スプレーの様な混じってしまう臭いも全くありません。

 

 

 

当然ですが、汗の量が減ったので、わき汗のシミが服に付くことや、臭いが上着などに
うつる様な事も無くなりました。

 

この商品の歌い文句である、
無香料、無着色、無添加で、リピート率が95%以上というのは、
大げさな話では無いと思います。

 

 

現在、返金キャンペーンをやっているか分かりませんが、脇がや脇汗に悩んでいる方は
取りあえず試して頂くことをお薦めします

 

 

 

脇の臭い消す方法

 

 

 

ワキガの臭い原因

 

 

ワキガが臭ってしまう原因には2つの要素が関係しています。1つは汗腺から出る分泌物であり、もう1つは皮膚に存在する常在菌の存在です。
1つ目の要素である分泌物についてですが、これはアポクリン汗腺が大きく関係しています。汗腺というのは1つしかないと思われることがありますが、実はエクリン汗腺とアポクリン汗腺という2種類が存在しているのです。そして両者は分泌させる物質が違っています。
まずエクリン汗腺の場合は殆どが水分です。その為、臭いの原因になってしまうことはありません。ですからこちらの方からの汗に関しては問題はないのですが、問題なのは一方のアポクリン汗腺です。
アポクリン汗腺から出る分泌物はエクリン汗腺とは違い、アンモニアや脂肪酸、タンパク質などを多く含んでいます。ただし、こういった分泌物を含んでいるからといって即臭いの原因になってしまうことはありません。ワキガ独特の臭いが出てしまうのは冒頭でも述べたように常在菌も関係してくるのです。
まず常在菌というのは人体の色々なところに存在する菌のことであり、肌を保護してくれているという大切な存在でもあります。ですから害があるというわけではないものの、しかしながらこの菌の存在がワキガの原因でもあるのです。
常在菌には色々な働きがありますが、その1つに汗腺から出た分泌物を分解するという役割があります。そしてアポクリン汗腺から出た分泌物が常在菌によって分解された時に独特の臭いが出てしまいます。常在菌は正常の働きをしているだけであり、臭いが出るのは体質的な問題とは言えるものの、しかしながら特徴的な臭いを発生させますので周囲から気にされてしまうことがあります。
なおワキガの臭いは脇から出るというイメージが強いようですが、脇に限定したものではありません。アポクリン汗腺は脇だけに存在するのではなく、その他にも耳の裏や乳首周辺、股間などにも存在しますので、そういった箇所から同様の臭いが出てしまうことがあります。その為、脇以外の部分から臭いが出ている場合もワキガ体質と言えるでしょう。
こうした臭いは人によって出たり出なかったりしますので、何が違うのか気になるかもしれませんが、理由はアポクリン汗腺の分布には個体差があるからです。体質によって分布量が違っており、沢山持っている人の場合ですと臭いを発生させ易い体となっています。因みに分布量は遺伝的な要因が関係しており、親がアポクリン汗腺を多く持っていると子供にも遺伝するのです。

 

 

自分で脇の臭いをチェックする

 

人間の汗を出す管は、エクリン汗腺とアポクリン汗腺の2つがあります。エクリン汗腺は体中に存在している管で、暑いときや運動したときに体温を下げるための汗を分泌しています。無色透明な汗で、水分とわずかな塩分などから出来ています。汗をかいて蒸発するときに、熱を奪うので体温を下げる働きがあります。このエクリン汗腺はすべての人が持っていますが、アポクリン汗腺は人によってはまったくない人もいます。アポクリン汗腺から出る汗は、乳白色の色をしていて、タンパク質や脂質を含む点がアクリン汗腺と異なります。汗自体は無臭ですが、脂質やタンパク質がお肌にいる雑菌が分解することで独特なにおいを発生しワキガと呼ばれています。体質によるものなので、病気という診断ではありませんが、日本人の場合はワキガ体質の人が10%と他国よりも少なく肩身の狭い思いをしている人も少なくありません。また、日本ではにおいに敏感であるため、消臭スプレーなどの関連商品がよく売れています。
しかし、自分のにおいというのは鼻が慣れているのでなかなか気づきにくいものです。簡単に自分でチェックできる方法があるので、気になる人は試してみましょう。まず、耳垢が湿っているとアポクリン汗腺が多いという証拠です。両親のどちらかがワキガの場合も半分の確率で遺伝すると言われています。白い洋服や下着のワキの部分が黄ばんでしまうのも、アポクリン汗腺が多いことから起こります。ワキ毛に白い粉が出ている場合は、ほぼ間違いなくワキガであることが分かります。アポクリン汗腺からの分泌物が白い結晶となって固まっているからです。
自分にこれらのチェックが当てはまっても、慌てることはありません。いきなり病院へ行くのも抵抗がありますが、強力な消臭力を持つ商品であるノアンデがあります。一般的な消臭スプレーは、香りでにおいをごまかす商品が多く、においがまざってしまってより複雑なにおいになってしまうことがあります。ノアンデは、朝塗れば1日ずっとにおいを抑えることができるクリームです。無臭なので、においが混ざる心配もなく安心して使うことができます。塗った後のべたつきもなく、サラサラとした使い心地です。敏感肌や乾燥肌の人でも使える、お肌にやさしい作りになっていて、においが気になるときは重ねて塗ることで、よりにおいを抑える効果を高めます。汗に流れにくい設計になっているので、運動するときも安心です。

 

 

更新履歴