ワキガの臭いを自分で消す方法

MENU

ワキガは遺伝するの?

ワキガは脇の周辺から汗や刺激臭などの独特の臭いがする病気です。
この病気は外部からの影響ではなく、主に遺伝の影響により発症するのが特徴です。
両親の両方あるいは片方がワキガの症状を持っている場合に、それが子供に受け継がれるのです。
遺伝する確率は人により異なるので厳密には言えませんが、両親が両方ともワキガだった場合の方が遺伝する確率が高くなる傾向があります。

 

この症状の治療を行なうには、皮膚科や美容外科での治療が必要になります。
症状の程度や患者の希望によって治療方法は異なりますが、症状が軽い場合は消毒や薬での通院治療が主になります。
症状の程度が悪い場合や完治したい場合は、ワキガの原因になっているアポクリン腺を手術で除去する治療が必要になります。
手術の後も定期的に通院しながら、手術部位の状態の確認や再発の有無について経過観察を受ける必要があります。

 

治療を受ける場合はいきなり治療を行なうのではなく、治療方法と副作用や、治療にかかる費用と保険の適用範囲についてよく話し合う必要があります。
特にワキガの治療を取り扱っている病院等は、それらの対応が整っている傾向があるので、病院を選ぶ際に参考にすると有効です。
"