ワキガの臭いを自分で消す方法

MENU

漂白剤を使えばうつったワキガの臭いを消す事が出来ます

ワキガの臭いがうつった衣類の臭いを消す方法ですが、

ワキガ臭い消す洗濯

実は、これ普通の洗濯物の臭いを取り除く方法と大体同じです

 

衣類で問題とされる臭いには主に2つの臭いのタイプがあり、
体臭(ワキガなど)の臭いと香水などの香料の臭いの2つです。

 

ここでは、ワキガを含む体臭などがついた洋服の臭いを取り除く
洗濯方法をご紹介します。

 

 

その前に、

 

ワキガの臭いやワキの黄ばみを消すのに悩んでいた私が、友人に
薦められて、使ってみた今人気のワキガ消臭クリームが本当に
とにかく凄いので是非使ってみて下さい!

 

私に似て同じくワキガを気にする12歳の娘にも使用させています。

 

 

 

ワキガ制汗剤人気

 

 

 

ワキガの臭いを取り除く洗濯方法

 

体臭やペットの臭いなどを取り除くには
漂白剤を使う事で簡単に出来ます。

 

漂白剤という名前から、汚れた服を白くするという目的に
使っているだけの方がいますが、この漂白剤は
ワキガなどの体臭を消す、消臭の効果もあります。
菌も無くすので、除菌効果もあります。

 

漂白剤は、特別な物を購入する必要はなく、スーパーなどで売っている
液体酸素系漂白剤で問題ありません。

 

 

 

普通に洗濯できる洋服は粉末酸素系漂白剤を使用し、
ドライマークが表示されている洋服には
ドライマーク専用洗剤または中性洗剤と液体酸素系漂白剤を使用して下さい。

 

 

普通に洗濯できる白物衣類の場合

 

真っ白な物であれば塩素系漂白で大丈夫ですが、肌着以外の衣類の場合は糸や
ワンポイントで色物が含まれている場合があるのでその場合は酸素系漂白剤が
お薦めです。

 

漂白剤を使っても、ワキガの臭いが消えない場合は、
漂白剤の働きを強くさせる必要があります。

 

漂白剤を強くするには、水の温度を上げて、長い時間洗う(使用する)
事で漂白力が強くなり、服についたワキガの臭いを消す事が出来ます。

 

ドライマークの服についわワキガの臭いを消す・洗う方法

 

ドライマーク衣類を洗浄する場合、普通の衣類と同じ様に
漂白を強くさせる上記の方法を使うと、色が落ちたり、洋服が縮む事があります。

 

よって、ドライマーク衣類の全体漂白は色落ちや縮みが無い方法で、ワキガの
臭いを消さなくてはいけません。

 

 

ドライマークの服にうつったワキガの臭いを落とす洗い方

 


ワキガの臭いついたドライ洋服洗い方 

1.洗浄液を作る

 

洗面器などにぬるま湯(約30℃〜40℃)を入れ、説明書などにある
決まったドライマーク専用洗剤をいれます。
そしてこの中に液体酸素系漂白剤を決まった量だけ混ぜます。

 

 

2.前準備をする

広範囲や大量についたシミや脇の黄ばみにスプレータイプの
液体酸素系漂白剤をスプレーします。
約5分間くらいそのままにしてから、
衣類を洗浄液に入れると効果がアップします

 

 

3.洗浄時間

 

約5分〜10分程度で十分です。
すすぎは軽く1回〜2回行い、脱水は短めにして
後は衣類に合った方法で自然乾燥をすれば終了です。

 

 

洋服についたワキガの臭いを洗濯で消す方法いかがでしたでしょうか?

 

洗濯で臭いを消すことが出来ても、ワキガを根本的に治さないと大変ではありませんか?
20年以上、ワキガで悩んだ私がテレビで見つけて、すぐに効いた商品があります。

 



 

ワキガの臭いを消す最新制汗剤&クリーム

 

☆ワキガの臭いは簡単に消すことができます☆

 

8x4、Ban、Agが効かなかったから、制汗剤を信じていないなら本当に勿体ないです!
ワキガ専用の医薬部外品クリームは、すぐに臭いが消えて効果が分かります。

 

>>ワキガ専用制汗剤おすすめ人気ランキングはこちら<<

 

 

 

ワキの黄ばみを消す洗濯方法

 

ワキガの方の脇の下のアポクリン汗腺からでる汗には脂肪やたんぱく質などの粘り気のある分泌物の中に
含まれている分泌物の中のリポフスチンという物質が黄ばみを引き起こす原因となっております。

 

脇の黄ばみを洗濯するためには、まず、皮脂分解酵素が入っている洗濯洗剤が有効です。
成分表記には界面活性剤含有ということが記載されており、

 

それには、繊維に水分が染み込み易くなる浸透作用と油の粒子を取り込み水の中に放出する働きの乳化作用、
世下れた衣類の繊維から外に引き出す効果の分散機能、

 

そして、洗濯物から取り出された汚れが再び付着することを防ぐ再付着防止作用という作用が
統合的には他r機、汚れを落とし、この中の皮脂分解酵素が皮脂汚れを落とすためには有効です。

 

身体を洗うときにつかう固形石鹸にも、デオドラント石鹸と表記があるものも、
汗や皮脂を分解する作用があるため、脇の下のしみに有効に働きます。

 

重曹にも黄ばみに効果があり、優しいうえに効果的に働きます。

 

黄ばみの脂汚れは脂肪酸のため、弱アルカリ性の重曹で中和されることで、悪臭を抑える効果もあり、
汗の臭いが感じられなくなる仕上がりになります。

 

ペースト状にしてこすり洗いをするか、重曹液を作って漬け込み洗いをすることもおすすめです。

 

ペットボトルに水を入れて、大匙1杯程度の重曹を入れてよく振って溶かし、
洗面器などに空けて、衣類の黄ばんだ部分を一晩つけておいて洗濯します。
漂白剤だけではなかなかワキガの黄ばみは落ちませんが、漂白剤と重曹を一緒に使うことで、効果があります。

 

ただし、塩素系のものを混ぜても意味はないので、酸素系と表示されているものを利用します。
小皿などに重曹を少量とり、液体酸素系漂白剤を1対1の割合で入れてよく混ぜ、

 

黄ばみに塗り、スチームアイロンのスチームを当てるか、もしくは、ドライヤーで温風を当てたあと、
通常通りに洗濯をします。

 

ワキガの黄ばみ汚れの原因の皮脂による汚れを落とす効果として、洗顔フォームやメイク落とし、
クレンジングなどにも効果があります。

 

最後に、予防する方法として、脇の汗を止めるための塩化アルミニウムが配合されている制汗剤は、
塩化アルミニウムが汗と反応することで、汗腺の出口をふさいで、一時的に汗を止める効果があるため、

 

一時的に汗を止めて、汗を止めることで、黄ばみの原因である汗が出ないため、
脇の下の黄ばみを予防することができるので、予防にとても有効です。

 

 

 

 

 

 

洗濯以外で臭いを自分で消す方法

人はどれほど強烈なの臭いでも、慣れていけば鼻が麻痺して気が付きにくくなります。
それが自分から発せられる臭いであれば、なおさら始終臭っているわけですから、わかりません。

 

でも、自分の臭いに鈍感だと、ワキガのように周囲の人の迷惑になる臭いをそのまま放置してしまうことになり、人間関係に影響を与える恐れがります。
では、自分が臭いのか確認したいというときに、どうすればよいのかというと、嗅覚を一度リセットすることです。
風呂に入ったりシャワーを浴びると、体臭はかなり落ちます。
そのとき、風呂の蒸気で嗅覚はリセットされて、慣れ親しんだ自分の臭いを嗅ぎ分けられるようになるのです。
ただ、時間が経過すればまた慣れてしまうので、自分の体を嗅ぐのではなく、風呂やシャワーの前に着ていた洋服の臭いを嗅いでみましょう。
特にワキガの場合には脇の部分が、臭いの発生源ですから、特に集中しておくことです。
もしも、ここで悪臭を感じたのであれば、やはり自分はワキガなど、強烈な臭いを発していると考えるべきです。
鼻が詰まっているなど、自分ではわからないというのであれば、友人・知人に相談をしてみることです。
家族では、一緒に生活している間に慣れている可能性があるのでわからない可能性があります。