ワキガの臭いを自分で消す方法 小学生女子わきが制汗剤

MENU

小学生の男の子、女の子のわきが対策

わきがを経験した事が無い親は、
ワキガ(わきが)は、ある程度大人になってから出てくるものだと
思い、例え、子供のわきがの臭いに気が付いても、
汗の臭いと同じものととらえて、

 

わきがの対策をしないケースが多く、

 

その結果、子供が悩んでいることに気が付かない事が
あります。

 

小学生の男の子女の子のわきがお薦め制汗剤 

わきがでは無い、小学生の男の子、女の子もワキガという物自体
を知らない為、わきがの臭いに気が付くと、
すぐに ”何か臭い” ”〜ちゃんが臭い” と発言してしまうのです。

 

何度も全て親に話が出来るお子さんなら、早めに気が付いて
挙げられるかもしれませんが、

 

体の問題などは、恥ずかしくて親にも話が出来ないという
お子さんは多くいます。
しっかりしているお子さんであればあるほど、親には話をしない傾向が
あります。

 

わきがの臭いは、強くとても独特なので、例え本人は気がつかなくても
親はお子さん自身又は洋服からワキガである事は十分分かります。

 

小学生の男の子、女の子のわきがの臭い対策

 

ワキガの基本的な臭い対策は、常にワキの状態を清潔にしておく事です。
少しでもワキに汗をかいたら、ただ拭くだけではなく、濡れたタオルでふくこと、
また、洋服にも臭いが付いてしまうので、臭いがついた服は取り替える事です。

 

また、子供は寝汗を良くかきます。

 

ワキガの人(子供)は、ワキガの臭いを発生させるアポクリン線から
汗を発生させ、その汗にコリネバクテリウム属の菌が増殖して、
ワキガの臭いが出てきます。

 

よって、ワキガの対策方法としては
朝起きてからシャワーを浴びて、学校に行っても、常にワキをきれいな
状態に保つ、洋服を着替える事が必要になります。

 

でも、それって実際は大変です。

 

そこで多くの人は8x4、エージ―スプレー、ソフトストーンを
使ったり、
子供だとピジョンのパウダーを使ったりする人がいますが、

 

制汗目的(汗の臭いを取る)としてはある程度効果はあると思いますが、

 

強烈なワキガの臭いを除去するほどの力はなかなか期待出来ません 
それだけわきがの臭いは強く、独特です。

 

その点で、当サイトで紹介している、
ノンアデは、わきがに重点をおいた商品で、且つ、小学生のお子さんでも
肌荒れを気にしないで使用できる商品です。

 

わきがの臭い消す方法

 

 

効果が無ければ、全額返金が出来るので、わきがに悩む小学生の
男の子、女の子がいるのであれば、
8x4やAGなどのデオドラントスプレーや制汗剤を使って、効果が無いと
悩んでいるのであれば、お申込みをお薦めします。

 

 

 

制汗クリームで有名な”ノアンデ” は、肌が弱い人が使う事を十分考慮し、
天然の素材で、無添加、無香料にこだわっているので、
子供の肌にも安心できる商品です。

 

子供脇の臭い消す方法

 

 

ワキガお薦め制汗スプレー

 

 

子供ワキガの原因

 

ワキガは、脇部分から強烈な腐敗臭がする症状ですが、病気ではなく体臭のひとつです。海外ではこの体臭が好まれる場合もありますが、日本人は体臭の少ない人種であるため、嫌われることが多いのです。臭いの原因は、脇や陰部、耳、乳首など特定の部分に分布するアポクリン汗腺から出る汗です。アポクリン汗腺の数は人によって異なります。ただし、汗自体に臭いがあるわけではありません。アポクリン汗腺から出る汗は脂肪やたんぱく質を多く含み、それが肌に常在している雑菌や皮脂、垢などと混ざります。雑菌がそれらを分解するときに腐敗臭を発するのです。さらに、全身に分布するエクリン汗腺から出る汗によって広げられたり、脇毛と絡まることで臭いを増やします。

 

ワキガは、感染するものではなく、高い確率で遺伝するといわれています。両親ともにその症状があるとおよそ9割以上の確率で遺伝し、どちらかにその症状があるとおよそ7割以上の確率で遺伝するといわれています。子どもに症状が出る時期として、アポクリン汗腺が一気に増加する第二次性成長期といわれています。それ以降、アポクリン汗腺は増えることはありません。最近では、体格や性成熟が早くなってきていることから、子どものうちから症状が出る人が増えています。中には小学生の子どもの症例もあります。女の子よりも男の子の方が高いといわれています。

 

ただ、遺伝だけが原因ではありません。食べ物や運動不足なども原因となります。例えば、肉食中心の食事、乳酸品の摂取が多い食事は影響が出るといわれています。皮脂の分泌量が増加し、アポクリン汗腺の発達が進むからです。できるだけ和食中心、野菜多めの食生活にすることで、体臭予防に効果があるといわれています。また、運動不足も体臭の原因となるとされています。その理由は、基礎代謝が低くなるため、体の血行が悪くなり、その結果汗腺に乳酸が増加し、アンモニア成分が増え、より臭い汗が発汗されるからです。しかし、脇に汗をかくと蒸れやすく、雑菌を増殖させ、衣類にも汗が付着するためなかなか臭いが取れない状況になります。子どもは冬でも動けば汗をかきます。汗をこまめにふき取ったり、汗脇パッドなどをこまめに取り換えることで、臭いを軽減することはできます。

 

ワキガを根本的に改善するには、汗腺を除去したり、破壊したりする手術が有効とされています。汗腺がなくなれば臭いの原因となる汗が出ないからです。しかしながら、大人の場合も子どもの場合も、100%保証のあるものではありません。完全に汗腺を除去できたと思っても、気になる臭いが解消されなかったという患者さんは意外と多いです。子どもの場合、成長期が過ぎたと思っても、その後汗腺が発達してしまって再発した、ということはあり得ることです。もちろん、切開すれば傷跡や感染症のリスクも出てきます。

 

手術以外の方法としては、ボトックス注射という施術があります。筋肉の働きを弱めるボトックスを筋肉に注射することで、汗を出す働きを抑制します。汗を抑制することで臭いも軽減できるというわけです。ただ、持続効果が半年程度なので、繰り返し治療をする必要があります。手術やボトックス注射は保険適用外治療なので、費用が高くなるのがデメリットといえます。その上、完治できるかどうかわからない、効果が持続しないのでは、悩みの解消にはなりません。

 

そこで最近ワキガ症状に効果があると人気があるのが、臭い専用のクリームです。中でも人気商品のひとつ、ノアンデはおすすめです。特徴は、臭いの元となるアポクリン汗腺から出る汗の量を整え、臭いを発生させる雑菌の増殖を抑えてくれるところです。商品リニューアルにより、100%の殺菌率を実現しています。

 

また、殺菌力の強い商品は肌への負担がかかってしまうものありますが、ノアンデは肌への優しさも追及しています。臭いへの効果だけでなく、思春期のデリケートな肌にも使用できる天然由来の成分を贅沢に配合し、無添加処方となっています。安全性は200名のパッチテストによって証明されています。男女問わず子どもからお年寄りまで、敏感肌、乾燥肌の人も安心して利用できます。

 

その他、気になるのは効果の持続力です。塗るだけのクリームといっても、頻繁に塗らなければ効果がないものでは面倒です。ノアンデの場合、朝1回塗れば24時間以上効果が持続するといわれています。汗をかいても流れ落ちない、肌にしっかり吸着する成分を配合しているからです。外出中気になる場合は、脇を清潔にして再び塗ることもできます。また、夜寝ているときにも汗をかきやすいため、常によい肌状態をキープするために、夜寝る前にも塗ることで、より効果的です。

 

ワキガの臭いはとても気になるけれども、手術や治療には踏み切れない、友達、恋人、対人関係に積極的になりたい、手軽にワキガ臭を改善したいという人に、ノアンデはおすすめです。