MENU

ワキガとは

ワキガとは?
思春期になるとよく汗とか気になったりしますよね。
暑い夏とか、運動をしたあととか・・・。

 

でも、脇とかが強烈な臭いを発する事とかありませんか?
汗のにおいでもなく強烈な臭い・・・。

 

その時は、ワキガを疑った方がいいかもしれません。

 

ワキガって何?
脇の下には、アポクリン汗腺というものがあります。
このアポクリン汗腺というものは、性ホルモンの影響を多大に受けているので、思春期は特に分泌が活発になります。

 

このアポクリン汗腺から分泌される汗には蛋白成分を含んでいます。実はこのアポクリン汗腺から分泌された直後の汗には臭いは全くありません。
ではなせ、強烈な臭いがするかというと、この汗をわき毛やわきの下の皮膚についている細菌が分解するので、その過程で、この強烈な臭いをはっするようになるのです。

 

ワキガは遺伝する?
運動したり、夏になると汗をかいて、誰もが臭くなりますよね?
でも、ワキガで、脇の下が臭い人と臭くない人がいるんです。
それは、なぜかというと、ワキガは遺伝だからです。

 

わきの下にあるアポクリン汗腺は生まれつき数が決まっています。
つまり、アポクリン汗腺がない人もいるんです。
アポクリン汗腺がない両親から生まれた子供はワキガにはなりません。
両親がワキガだと、その子供にもワキガは遺伝をします。

 

両親どちらかがワキガだと遺伝する確率は50%、両親ともワキガだと80%の割合で遺伝をするそうです。

 

ワキガは、生まれ持った体質なので、治療というのは必要がないかもしれません。ですが、本人もですが、周りも気にするようになって、嫌われてしまう事とかも昔はあったようです。
今は、ワキガも手術で治る時代になってきて、治療の選択肢も増えてきました。
ワキガの割合は全人口の10%?
実は日本で、ワキガの人の割合は10%なんです。
そう少ないですよね?
だから、よけいにワキガの人は気にするのかもしれません。

 

でも外国人はほとんどがワキガなんです。人種別にすると、黒人はほとんど100%、白人は80%位がワキガだそうです。

 

今は、ワキガに対して、保険の聞く手術を行う事もできるようになりましたし、いろいろな制汗剤もあるので自分にあったのを選ぶこともできます。

 

外国人はワキガの対策は、シャワーを浴びて清潔に保つ、汗を拭く、そして、制汗剤などで汗を封じ込めたあとは、香水をつけるのが殆どだそうです。

 

ワキガの為に病院で手術を受けるとかいう人はまずいないということです。