MENU

ワキガの原因

ワキガは汗臭いのが原因と思われていますが、汗臭さとは全く別の原因があります。
例えば汗臭いというと、運動をした後の服を脱いだ時の臭いをイメージするとわかりやすいと思います。
あのむっとする臭いですね。

 

ですが、ワキガの臭いは、ツンとするような独特の臭いです。
でも、周りには、ワキガの人は多くはいませんよね?
なぜなら日本人のワキガの割合は10%と低い統計だからです。

 

日本人は、無臭を好み、自然を感じる香りを好む習慣があるので、とかく強烈な臭いのするワキガの人は目立ってしまいます。

 

ではワキガの原因は何かというと、脇の下にあるアポクリン汗腺に原因があります。

 

アポクリン汗腺からでる汗は、蛋白成分、脂質、アンモニア、などを含んだ白っぽいものです。この汗が、脇の下の皮脂などと混ざり、それを細菌が分解をする時に鼻につく強烈な臭いが生じるのです。

 

もう一つの汗腺であるエクリン腺から出るのは普通の汗で臭いがありません。
なぜならその汗の成分が水分と塩分だからです。
でも、このエクリン汗腺から出る汗が拡散するとき、アポクリン汗腺からでる汗と混ざった時には体全体を覆うような強烈な臭いが発生してしまいます。
しかも、わき毛に汗が溜まっていると、より一層臭いが強烈になります。

 

アポクリン汗腺がある人とない人

 

アポクリン汗腺は、生まれた時から数が決まっています。
そして、ホルモンの分泌が著しい思春期を迎える時に、そのホルモンの影響を受けてワキガになってしまうのです。

 

でも現代は昔と違い、子供の体の成長が著しいので、思春期前の小学生の時にもワキガになることも少なくはありません。

 

あとワキガの強烈な臭いの原因として、食生活も挙げられます。
戦後から現代まで、食生活は欧米化が進んできました。

 

肉類などの高脂質、高カロリーの食べものは、皮脂腺やアポクリン汗腺を活発にする働きがあります。
特にファーストフードなどを多くとると、アポクリン汗腺は活発になります。
まさに食生活の欧米化により、ワキガ体質が強烈になっていくのです。

 

 

日本人は古くから、野菜と魚を中心とした食生活を送ってきました。
古来にも、ワキガ体質の人はいたとしても、食生活において肉類を食する機会が少なかったので、ワキガも気にするほどではなかったようです。

 

現代では、制汗剤などが発売をされていますが、食生活の改善も必要になってきます。

 

また最終的な手段として、アポクリン汗腺を除去する手術もあります。